健康情報ニュース.com >  健康食品  > 『茶のしずく』裁判、長期化の恐れも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年08月03日

『茶のしずく』裁判、長期化の恐れも

『茶のしずく』石けん損害賠償訴訟の第二次提訴が7月31日、東京、秋田、姫路、鹿児島の4地裁で行なわれた。

0803_setumeikai_yousu1.jpg 東京弁護団は一次提訴と同様に原告への説明会を実施し、約20名の原告が集まった。説明会では、(1)第二次提訴の原告の範囲、(2)第二次提訴の主な内容、(3)訴状における主張内容、(4)今後の進行と見通し――の4点について説明があった。1~3の主な内容は、一次提訴と同様だった

 4の「今後の進行と見通しについて」では、年内に三次(最終)提訴を終わらせ、既に進行中の訴訟に併合する手続きを進めるという。また、最終提訴を年内に終わらせるには、新規受任を9月末までに打ち切らざるを得ない、としている。

 弁護団は「理想は1~2年の間に和解成立を目指すが、被告が応じない場合は判決となり、長期化する恐れもある」としている。

 既に各地裁で開始された第1回口頭弁論で被告3社は、原告らの主張(1)『茶のしずく』石けんは製造物責任法上の欠陥商品であること、(2)『茶のしずく』石けんにより小麦アレルギーという健康被害が発症したこと、(3)原告の損害は1,000万円ないし1,500万円であることについて、すべて争う姿勢を示している。

 裁判の流れによって状況は変わってくるだろうが、現在の3社の姿勢からは、和解の気配は見られない。

 また、東京地裁での第1回口頭弁論で裁判所に再提出を求められた悠香の答弁書は、東京弁護団にも届いている。

 NET-IBの確認によると、悠香側の答弁書は、『茶のしずく』石けんの製造物責任は、すべて石けんを受託製造したフェニックス側にあるという内容のようだ。企画開発の責任すべてを受託企業に押し付ける姿勢は、責任逃れにしかみえない。悠香の会長である中山省三氏が『茶のしずく』を開発した経緯は、既報「悠香『茶のしずく』~日本一愛されない会社への転落(1)」に詳しく書かれている。どうやら悠香は記事で紹介したPR本に登場する外池氏に、すべての責任を押し付けようとしているようだ。

【山本 剛資】

おススメ記事

2018年06月29日

【7/18】消費者行政新未来創造オフィスシンポジウム

 消費者庁は7月18日、「消費者行政新未来創造オフィス・愛媛県・愛媛大学シンポジウム」を愛媛大学・南加記念ホール(愛媛県松山市)で開催する。定員250人、参加費は無料。  プログラムは「食べきり侍 参上!」、「学生が運営 […]

伊藤園、ポケモンパッケージの『ポケットべジ』発売

 (株)伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長、TEL:0800-100-1100)は7月2日、(株)ポケモン(東京都港区、石原恒和社長)とタイアップし、パッケージにポケモンたちをデザインした野菜・果実ミックス飲料『充実野菜 […]

永谷園、黄金しじみエキス配合のみそ汁を数量限定発売

 (株)永谷園(東京都港区、飯塚弦二朗社長)は7月から、黄金しじみエキスを配合した『1杯でしじみ70個分のちから みそ汁』『――塩分控えめ』を数量限定で順次発売する。黄金しじみは、台湾の花蓮にある水産養殖専業区で育てられ […]

ル・パティシエヨコヤマ、洋菓子を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは28日、(有)ル・パティシエヨコヤマ(千葉県習志野市)による洋菓子の自主回収情報を掲載した。  対象商品は『谷津干潟の卵』。アレルゲン(小麦)の記載漏れのため、自主回収している。連絡先はT […]

2018年06月29日

ビフィズス菌が産生する酸に新たな作用

 協同乳業(株)(東京都中央区、尾崎玲社長)は28日、腸内ポリアミンが複数の腸内細菌の代謝経路を経由して生合成され、その生合成経路はビフィズス菌などが産生する酸によって作動することを確認したと発表した。研究成果は学術誌『 […]