健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 「ヘルシーDo」と「機能性表示食品」の併用ルール示す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月02日

「ヘルシーDo」と「機能性表示食品」の併用ルール示す

<文言を枠で囲むことが要件に>
 北海道は1日、北海道食品機能性表示制度「ヘルシーDo」の運用ルールを改正し、消費者庁の機能性表示食品制度と併用する場合の表示方法を公表した。1日から適用を開始した。

 特定保健用食品や栄養機能食品は機能性表示食品と併用できないが、ヘルシーDoについては併用が可能となる。北海道と国は、ヘルシーDoと機能性表示食品を明確に区分するための表示方法を検討してきた。

 機能性表示食品と併用する場合、ヘルシーDoで認められる「この商品に含まれる○○○(成分名)については、『健康でいられる体づくりに関する科学的な研究』が行われたことを北海道が認定したものです。(この枠内の表示は、北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区における国との協議に基づき、北海道内で製造された製品に限り認められたものです。この商品の効能・効果表示(〈表示しようとする機能性〉)は北海道による個別審査を受けたものではありません。)」の文言を枠で囲むことが要件となる。ヘルシーDoのマークは文言の近くに配置する。

 表示位置はパッケージのフロント面でも、側面などでも自由に設定できる。ただし、まず機能性表示食品であることがわかるように記載し、消費者の誤認を招かない位置にヘルシーDoの表示を配置することが求められる。
 「1日あたりの摂取目安量」「摂取上の注意」など、機能性表示食品と重複する表示は省略する。

<道外企業が利用しやすいルールに変更>
 また北海道は、道外企業がヘルシーDoを活用できるようにするため、運用要綱を改正した。製造委託企業の要件を「道内に本社を有する企業」としていた従来の要件を撤廃し、道内へ製造委託するすべての事業者を対象とする。

 これまでは、道外企業が道内にある自社工場などで製造するケースを認めてきたが、道内の他社企業の工場へ製造委託するケースも対象に加えた。道では「『道内に製造拠点を持たないが、北海道のブランドを使用したい』などの要望で出ていたことに対応した」(経済部食関連産業室)と話している。

おススメ記事

2018年05月22日

【7/11】ICCRステークホルダーセッション

 日本・米国・EU・カナダ・ブラジルの化粧品規制当局で組織する化粧品規制協力国際会議(ICCR)は7月11日、ICCRステークホルダーセッションをイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。化粧品規 […]

ブロイラーなのに「地鶏」、消費者庁が措置命令

<居酒屋「塚田農場」「じとっこ組合」のメニュー表示が景表法違反>  居酒屋で提供する鶏料理にブロイラーを使用していたのにも関わらず、「地鶏」を使用していると誤認させるメニュー表示を行ったとして、消費者庁は22日、居酒屋チ […]

ファンデリー、塩分・タンパク質カットの『ミールタイム五目炒飯』発売

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐代表)は6月1日、味の素冷凍食品(株)と共同開発した『ミールタイム五目炒飯』を発売する。  1袋(200g)当たりの塩分が0.8g、タンパク質が5.4gで、通常のチャーハン […]

大正製薬、コバラサポートシリーズから新製品登場

 大正製薬(株)(本社:東京都豊島区、上原茂社長、TEL:0120-81-8428)は6月4日、空腹感を満たす飲料『コバラサポート ふくらみplus キウイ&パイン風味』を新発売する。全国のドラッグストアや通販「大正製薬 […]

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]