健康情報ニュース.com >  自然食品  > 学術 > 「ハラル認証」実践セミナーを都内で開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハラル認証」実践セミナーを都内で開催

 (株)データ・マックス主催の「出口戦略のための『ハラル認証』実践セミナー」が11日、都内で開催された。ムスリム市場への進出で必要となる基礎知識をはじめ、取引を開始する際の注意点などについて3人の専門家が解説した。

 拓殖大学イスラーム研究所客員教授の柏原良英氏は「ハラール認証取得に必要なこと」をテーマに講演した。「日本ではテクニックの問題で済まされることが多いが、イスラム教徒の心を理解し、(安全と安心を)保証してあげることを考えるべき」と指摘。「日本人がかってにハラールといっても、ムスリムが保証しなければ何の保証にもならない」と述べた。

 (一社)ハラル・ジャパン協会代表理事の佐久間朋宏氏は「輸出先の選別とテストマーケティングの方法」について講演。ムスリム市場へ進出して失敗するケースも多いとし、「どの国に売りたいのかによってハラル認証も異なる。また、ハラル認証がなくても、イスラム教徒の人たちに食べてもらえることもわかってほしい」と語った。今後有望な商品ジャンルとして、健康食品や化粧品などを挙げた。

 JL Connect Malaysia Sdn Bhdの橋本哲史氏は「なぜ日本ハラルは売れないのか?現地で見た日本企業の出口戦略の課題点」をテーマに現地の状況を報告。出口戦略として展示会出展、現地日系企業や現地ローカル系企業への販売、ネット販売などを挙げ、それぞれについて解説した。

熱弁を奮う(一社)ハラル・ジャパン協会代表理事の佐久間朋宏氏

 

 

おススメ記事

農水省、食品安全専門の「人材教育コース」検討へ

 農林水産省は20日、食品衛生法の改正によるHACCP制度化や国際競争力の強化に対応するため、「産学官連携による食品安全専門人材育成研究会」を立ち上げて、食品安全管理を専門とする人材の教育コースを検討すると発表した。   […]

公取、紅屋商事に勧告

 公正取引委員会は20日、食品・日用品小売業の紅屋商事(株)(青森市新町、秦勝重代表)に対し、消費税転嫁対策特別措置法に基づく勧告を行ったと発表した。  同社は2014年4月1日以降、今年3月分まで、食品や日用品を納入業 […]

消費者庁長官、ビワ種子の健康茶を引き続き注視

 ビワの種子を使った健康茶や健康食品について、消費者庁の岡村和美長官は20日の定例記者会見で、「現時点で重大事故の報告はないが、引き続き事故情報の収集を行う」と述べた。  (独)国民生活センターが14日に、ビワの種子を含 […]

日清オイリオグループ、鮮度のオイルシリーズ『スヌーピーボトル』発売

 日清オイリオグループ(株)(東京都中央区、久野貴久社長)は7月1日、「鮮度のオイルシリーズ」のラベルにスヌーピーのイラストを施した『スヌーピーボトル』を発売する。  同シリーズには、『日清アマニ油145gフレッシュキー […]

2018年06月20日

美容で「ナッツ類・ドライフルーツ」が人気

 挙式の経験がある、または予定している20~30代女性では、美容のために「ナッツ類・ドライフルーツ」を食べる人が多いことが、ワタベウェディング(株)(京都市下京区、花房伸晃代表)の調査で浮かび上がった。  調査は今年5月 […]